HOME>よくあるご質問 > 内容参照

お客さまからよく寄せられるご質問とその回答を掲載しています。 よくあるご質問

個人のお客さま > 省エネ・電気の安心情報

なぜ、50ヘルツと60ヘルツにわかれているのですか?

1894年(明治27年)に東京電灯が50Hzの発電機を導入しました。一方、大阪電灯、神戸電灯、京都電灯が60Hzの発電機を導入したため、その後、現在まで静岡県富士川を境にして50Hzと60Hzの地域が分かれることとなりました。

電力会社別電力供給区域および周波数分布一覧



Hz数 供給電力会社

■50Hz地区 北海道電力、東北電力、東京電力

■60Hz地区 中部電力、北陸電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力、沖縄電力

■50Hz、60Hzの混合地区 中部電力

地域と周波数

関連性の高いご質問

このカテゴリに関連するご質問とそのお答えを掲載しております。

インターネット手続き

インターネットで各種手続きが可能です。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご確認いただいて解決しなかった場合は、以下からお問い合わせください。