HOME>よくあるご質問 > 内容参照

お客さまからよく寄せられるご質問とその回答を掲載しています。 よくあるご質問

個人のお客さま > 電気のお引っ越し > 共通

周波数が異なる地域へ引っ越しすると、家電製品は使えなくなるのですか?

電気器具には、50Hzか60Hzのいずれか、あるいは50/60Hzと表示されています。50/60Hzと表示されていれば全国どこでも使用できますが、単独表示のものは使用地域が限られます。周波数の違いを確認せずに誤って使うと、器具を傷めたり性能を低下させるばかりか、火災の原因にもなりかねません。ご注意ください。

そのまま使えるもの 電気こたつ、電気ポット、電気毛布、電気コンロ、電気ストーブ、トースター、アイロン、電気温水器、テレビ、ラジオ、パソコン
そのまま使えるが能力が変わるもの 扇風機、ヘアドライヤー、換気扇、掃除機、温風暖房機、ジューサー・ミキサー
そのままでは使えないもの
(部品交換などが必要です)
洗濯機、タイマー、電気時計、電子レンジ、衣類乾燥機、蛍光灯(インバータータイプは使えます。)、ステレオ、テープレコーダー

(注)機種により若干異なりますので、ご確認ください。


日本は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

地域と周波数

インターネット手続き

インターネットで各種手続きが可能です。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご確認いただいて解決しなかった場合は、以下からお問い合わせください。