HOME>よくあるご質問 > 内容参照

お客さまからよく寄せられるご質問とその回答を掲載しています。 よくあるご質問

個人のお客さま > 省エネ・電気の安心情報

プラグやコンセント、コードを安全に使うにはどうしたらよいですか。

[プラグ]
  
感電・ショート・加熱の原因
刃がグラグラしたり、曲がったり、こわれた電源プラグは取り替えましょう。

加熱のキケン
電源プラグの刃はしっかり差し込みましょう。

トラッキング現象を招く
湿気の多い所や家具の裏などにあるコンセントに差しっぱなしの電源プラグは、こまめに掃除をしてホコリや水気を取り除きましょう。

 

[コンセント]

安全限度を超えるキケン
コンセントやテーブルタップの電流限度を超える、タコ足配線はやめましょう。

トラッキング現象を招く
コンセントやテーブルタップには水気のものをこぼしたり、ペットが排尿しないように注意しましょう。

 

[コード]
  

発熱のキケン
束ねたまま使うのはやめましょう。

接触不良・破損・漏電の原因
扉やドアにはさんだり、家具など重いものの下敷きにならないよう注意しましょう。


消費電力が大きいものを使う場合や、大きな電流が流れるような場合は、コードを束ねたり、巻いたりして使うことはキケンです。電気が流れるとコードは熱を持ちますが、束ねたり巻いたりすると、熱が放出されにくくなってしまうためです。消費電力の小さいパソコンなどはコードリールを使っても問題ありません。

 

トラッキング現象とは?

長い間、差しっぱなしになったコンセントとプラグの間にはホコリがたまりがち。そこに湿気が加わると、プラグの刃の間で火花放電が繰り返されます。その熱がコンセントに接する絶縁部を加熱し、プラグの刃と刃の間に「トラック」と呼ばれる電気の道をつくります。やがてはそこから放電をおこし、発火。これがトラッキング現象です。

電気を安全にお使いいただくためのご注意(プラグ・コンセント・コード)

インターネット手続き

インターネットで各種手続きが可能です。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご確認いただいて解決しなかった場合は、以下からお問い合わせください。